ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

バストが下垂しないための昼間のブラの着け方!

読了までの目安時間:約 6分
e34

 

バストが垂れる原因のひとつに、

間違った方法でブラをつけている

ということがあります。

 

どれだけ正確にバストサイズを測って、

カラダにピッタリあったブラを見つけたとしても、

ブラを正しくつけなければ、

バストの形はくずれてバストの下垂にもつながります。

 

ブラを正しくつけていないと、

ブラはずれやすくなったり、

バストのおにくが脇や背中に流れやすい状況をつくり、

その結果、垂れむねの原因をつくってしまうのです。

 

そうならないためには、

ブラを正しくつける』ことが大切です。

 

では、実際にどのような方法で

ブラをつければよいのかをみていきましょう!

 

今回は、一番つけている時間が長い、

日中のブラのつけかたをご紹介したいと思います!

バストが垂れないための昼間のブラのつけかた講座

e20

①わきの下をマッサージ

まず、ブラジャーをつける前にわきの下を、手でマッサージします。

 

マッサージをする理由は。。。

    • 脂肪をやわらくする
    • リンパの流れをよくする

 

わきの下のおにくをもんで、脂肪をやわらかくします。

脂肪をバストの一部にするために、

脂肪が移動しやすいようにマッサージを行います。

 

脂肪が細くなっていくようなイメージで!

 

脇の下は、リンパの流れがとどこおりやすい場所。

リンパの流れが悪くなると、

毒素がたまりやすくなり、

その状態を放置しているとバストが垂れやすい原因にもなります。

 

リンパマッサージをすることで、

バストに栄養をいきわたらせ、

また、女性ホルモンの分泌もよくなると言われています。

 

②上半身をたおしてブラをつける

次に実際にブラをつけていきます。

 

ブラの肩ひもをうでに通して、

上半身を前に少したおして、バストをバージスラインに沿って、

カップの中にいれてホックをとめます。

 

上半身を倒したときは、

横からみたときに、床と水平になるように倒します。

こうすることで、重力で集まったお肉をカップの中におさめやすくなります。

 

バージスラインとは、バストの下側のラインのこと。

 

③アンダーバスト付近のお肉を移動させる

両手の人差し指を、ブラの背中側中心の内側に差し込むようにいれて、

ブラのアンダーラインにある背中のおにくを集めて

アンダーバストに移動させます。

 

④背中上部のわきにくを集める

まずは、右側の背中上部のおにくを集めます。

 

左手の平を右側のせなか上部にあて、

そのおにくをブラのカップの中に移動させます。

 

反対側も同様におこないます。

 

背中のお肉を集めるときは、床と水平になるくらいに前屈みになるとやりやすいです。

お肉を集めてカップの中におさめる時は、起き上がった状態で。

 

⑤二の腕のおにくをカップに移動させる

まずは、右側の二の腕のおにくを移動させます。

 

左手を右側のブラのストラップの下から入れて、

二の腕に手をあてます。

 

そのまま二の腕のおにくを脇の下を通って

ブラのカップの中までもってきます。

 

反対側も同様に行います。

 

⑥アンダーバストの下のお肉を集める

ブラのカップの下側を少し浮かせて、

アンダーバストより下にあるお肉を手でカップの中にもっていきます。

 

⑦あつめたお肉をカップの中で整える

④〜⑥で集めたおにくを、

カップの中にキレイにおさまるように整えます。

 

バージスラインに沿って、バストがカップにおさまるようにします。

 

⑧バックストラップを下げる

お肉を寄せ集めていると、

ブラのアンダー部分(アンダーベルト)が自然と上に持ち上げられますので、

下げてととのえます。

 

アンダーベルトが肩甲骨の下にくるように引っ張ります。

 

⑨肩ヒモを調節する

最後に肩ヒモを調節します。

肩ヒモの長さは、人差し指が一本入る位にあわせます。

 

ブラがずれた時はこまめにバストメイクも重要!

e63

朝、ブラをキチンとつけたつもりでも、

日中動いていると、ブラがずれることがありますよね。

 

これは、どんなにフィットしているブラでも起こりうるので

仕方がないことなのですが、

ここで重要なのは、『ずれたまま放置しない』ということです。

 

ブラをずれたままにしていると、

バストの一部がブラで押しつぶされて、

バストの皮膚や組織を痛めてしまう可能性があります。

 

その結果、バストが垂れやすい状態をつくってしまいます。

 

そうならないためには、

トイレなどに行ったときに

都度バストメイクをすることをオススメします。

 

バストメイクと言っても難しいことをする必要はありません。

 

上記で説明させていただいたように、

ずれたお肉を集めてカップの中に戻してあげればいいだけです!

 

 ⇒ バストのハリアップ!下垂を解消するマッサージとは?

 

 

タグ : 

バスト・ブラの知識 ブラジャー ナイトブラの効果 下垂防止・解消効果   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る