ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

離れ乳・離れ胸・外乳の原因

読了までの目安時間:約 6分
z5

(画像引用元)

バストが左右に離れた状態になる離れ乳。

 

お風呂にはいるときに鏡を見ると、

左右に離れた胸が。。。。

 

落ち込んでしまいじゃいますよね。

 

このページでは離れ乳の原因を詳しくご紹介していますので、

あなたがなぜ離れ乳になってしまったのかを

ここでチェックしてみてください。

 

原因が分かれば離れ乳を改善していくことも

可能なんですよ♪

 

離れ乳が原因の落ち込みとはサヨナラしてしまいましょう!

 

とその前に。。。


離れ乳で悩んでいる人はあなただけではないんです!

バストの悩みランキングで2位になるほど、

女性のバストの悩みで多いのが、

 

離れ胸・離れ乳・外乳です

 

この3つの言葉はすべて同じバストが左右に離れた状態を

意味する言葉なんですが、どれくらい悩んでいる人が多いかを

みてみてください↓

 

z1

 

バストの悩みランキングで堂々の第2位に離れ乳が

入っちゃっています。

 

それだけ多い悩みなので

 

あなただけが悩んでいるわけじゃない。

 

 

まずはこの事を知ってからこの先を読んでみてください。

 

離れ乳の原因は?

ではいよいよここから本題の離れ乳の原因です。

 

離れ乳の原因は

 

  1. 筋力
  2. 血流
  3. ブラジャー

 

この3つが主な原因となっています。

1.筋力が原因で起こる離れ乳

筋肉は歩くのにも腕を動かすのにも

必要なわたしたちの身体の大切な部分。

 

あなたのおっぱいを支えて形をキープするのにも

筋肉がすごく関係しています。

 

例えばバストアップにもすごく関係がある大胸筋。

 

z2

 

大胸筋はバストを持ち上げるのに必要な筋肉。

大胸筋の筋力が弱まってしまうと、

バストが垂れて左右に離れるということが起こってしまいます。

 

他にも前鋸筋(ぜんきょきん)背中の筋肉(広背筋)の筋力が

かたく緊張することも離れ乳の原因です。

 

前鋸筋と広背筋が硬く緊張するとバストが筋肉の緊張で

横に横にと引っ張られてしまうので、

離れ胸が起こりやすくなってしまいます。

 

2.血流が悪いと離れ乳になってしまいます

 

z10

 

血流と離れ乳は一見関係がなさそうに思えますね。

でも実は深く関わりがあるんです。

 

例えば肩こりのときって肩が硬く緊張した感じになりますよね?

 

これは肩の血流が悪くなってしまったことで

血とともに身体の各部位にとどけられるはずの

栄養素がとどけられなくなってしまったことが原因です。

 

すると栄養不足になった部分の筋肉が

緊張するということが起こってしまうんです。

 

結果、筋肉が原因で起こる離れ乳と

同じように硬くなった筋肉がバストを

引っ張ってしまい、離れ乳が起こってしまいます。

 

3.ブラジャーが原因で起こる離れ乳

e15

 

あなたは自分の身体にあったブラをつけていますか?

夜寝るときにナイトブラでしっかりとバストケアをしていますか?

 

ブラは見た目の可愛さだけやおっぱいを隠すために

販売されているのではありません。

 

 バストの形をキレイに保つために販売されているんです

 

例えば夜寝るときにブラをしていない生活をしている人がいます。

仰向けに寝ていたらバストは重力で左右に引っ張られてしまいますね。

 

この人が10年、ブラをつけずに夜寝つづけていたらどうなるでしょう?

 

そうです。

 

離れ乳になってしまっています

 

  • 夜寝るときは寝るとき専用のナイトブラをつける。
  • 昼間はしっかりと自分の体型・サイズにあった昼用ブラをつける。

 

この2点を守っていないと、離れ乳になってしまう

可能性がかなり高くなります。

 

離れ乳は改善できます! 

離れ乳はナイトブラを使いプラスアルファの

努力をしてけば改善していくことが可能です。

 

ナイトブラを使った離れ乳の改善方法については

当サイトの別カテゴリー ナイトブラ+αで離れ乳改善講座で

詳しくせつめいしていますので、よければ

そちらを参考にしてみてください↓

 

 ナイトブラ+αで離れ乳改善講座

 

 

タグ :  

バスト・ブラの知識 バスト ナイトブラの効果 離れ胸予防効果   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る