ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

よくある質問|ワイヤーブラをナイトブラ代わりに使えないの?

読了までの目安時間:約 5分
z76

 

なんでブラがあるのにナイトブラを買わなきゃいけないの? 

e182

 

ブラを持っているのに、わざわざナイトブラを

買うのももったいない。。。

 

『ワイヤーブラがあるからそれでナイトブラの代わりにならないかな?』

 

これ、自然と思いつきそうな考え方ですよね。

そしてこの思いつきを実践している方も中にはいます。

 

中には当サイトに質問してくれる人もいて、

 

『ナイトブラの代わりにワイヤーブラを使っても大丈夫ですか?』

 

と相談してきてくれるんですが結論から言えば、

 

ワイヤーブラをナイトブラ代わりに使用することは

絶対にやめておきましょう

 

という結論になります。

 

なぜこのような回答になるのかここから理由を

詳しくお話していきます↓

昼用ワイヤーブラがナイトブラの代わりにならない理由

e233

 

血流の悪化がバストに悪影響を引き起こす

昼用のワイヤーブラを着けて夜寝てしまうと、

起こること、それが

 

血流の悪化です

 

ワイヤーブラの特徴として、ワイヤーの力で

バストをキレイに見せるという点があるんですが、

ワイヤーはその分締め付けが強く

血流を悪化させるということが知られています。

 

『血流の悪化くらいいいじゃない』

 

と思ったら大きな間違いで血流が悪化すると、

 

胸が小さくなるバストダウンの危険性が高まります!

 

なぜワイヤーブラを着けて寝るだけで胸が小さくなるのかというと

そこには

 

    • 成長ホルモン
    • 女性ホルモン

 

の2つが関係しています。

成長ホルモンがバストに届かない

夜寝ている時、私たちの身体の中では成長ホルモンが

分泌され血流にのってバストに届くことで、

バストの大きさをキープしたり大きくしていってくれています。

 

あなたが成人女性だったとしても、成長ホルモンは

分泌され続けていて身体のメンテナンスの役割を

してくれているんです。

 

ですが、血流が悪化してしまうと、血流に乗って届く

成長ホルモンの量が減ってしまいバストダウンという

バストケアにとってよくないことが起こってしまいます。

女性ホルモンがバストに届かない

また成長ホルモンだけでなく子宮で分泌されて、

血流にのってバストに届く女性ホルモンの量も

減っていってしまいます。

 

女性ホルモンはバスト内の乳腺にはたらきかけて

バストの大きさを保ったり大きくしてくれる

バストにとって重要なホルモン。

 

バストに届く女性ホルモンの量が減ると、

乳腺が小さくなっていってしまうということが

知られていて、乳腺が小さくなると、

バストの脂肪が減るという現象が起こるんです。

 

なぜかというと乳腺は赤ちゃんにあげる母乳を作り出す

大切な器官なので、バストの9割を占める脂肪で

守られているんですが、乳腺が小さくなると、

これまであった脂肪が多すぎると身体が判断するんです。

 

すると、脂肪を減らしてもいいかと身体が

バストの脂肪を減らしてしまうため、

バストが小さくなるということが起こるんです。

ワイヤーブラを使わず夜は夜用ナイトブラ

e204

 

ここまでお話してきたようにワイヤーブラを

夜用ブラとして使ってしまうと、

 

血流の悪化が引き起こされて、バストが小さくなるという

女性にとって悲しいことが起こってしまいます。

 

そうならないために、夜はしっかりとナイトブラを着けて

寝るようにしましょう。

 

ナイトブラ自体は数千円程度で優良なものが

購入できますので、経済的負担は少なく

手軽に購入が可能です。

 

当サイトの管理人がオススメする年代別ナイトブラが

ありますのであわせて参考にしてみてください↓

 

オススメ年代別ナイトブラまとめ

 

 

ナイトブラQ&A・悩み相談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る