ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラには本当に豊胸効果があるの?!

読了までの目安時間:約 5分
e210

ナイトブラに豊胸効果はある?!

e210

 

ナイトブラに関してこんな質問を目にしました。

 

ナイトブラには本当に豊胸効果があるのか?

 

ということです。

 

あなたはどう思いますか?

 

「まさか〜 ナイトブラでバストが大きくなるなんてそんなワケ。。」

と思われたかもしれませんね^^

 

でも実は、ナイトブラは

日中のブラとあわせて使うことで

豊胸の効果を期待することができるんです

 

できると言われても

その理由を聞かないと納得できないと思いますので

その理由を次に説明しますね^^

ここでいう「豊胸」とは?

e206

 

まず、「豊胸」ということばについて

明確にしておきましょう。

 

豊胸とは。。

 

豊満で美しい女性の胸。

また,そのような胸にする整形手術を行うこと。

豊乳。

引用元:WEBLIO辞書

 

「大きくて美しい女性の胸」ということです。

 

今回ご紹介するのは豊胸手術ではなく

自然な状態でバストをキレイに大きくする

という意味で使いますね^^

ナイトブラで豊胸出来る理由

e209

 

では、『なぜナイトブラで豊胸の効果が期待できるのか?』

ということをみていきましょう。

 

まず、大前提として

ナイトブラで豊胸を可能にするためには

脇、背中、お腹、二の腕に贅肉がある

ということが必要になってきます。

 

そして、ナイトブラの着用だけではなく

昼間のブラを正しくつけることも重要になってきます。

 

この方法はどういう原理で

バストを大きくすることができるのかというと

「脂肪の動きやすい性質を利用する」ということです。

 

脂肪はやわらかい状態だと移動させることができるんです!

 

手や指でも脂肪を揉みほぐしてやわらかくし

 そのやわらかくなった脂肪を

バストの方にいくように手で流して

後はバストと一緒にキープして完了です!

 

バストは90%が脂肪でできていますので

贅肉のように余っている

脂肪をバストまで移動させることができれば

バストを大きくすることができるのです♫

 

しかし、贅肉をバストに定着させるためには

昼と夜の間は出来る限り贅肉をバストと一緒に

キープしてあげるということと

ある程度の時間が必要になってきます。

 

即効性はありませんが

メスを入れずに豊胸効果が期待できる方法ですので

自然にバストアップしたい!

という方には、ぜひチャレンジしていただきたいです^^♫

昼間のブラを正しくつけて効果的に!

e34

 

上記でも説明したように

ナイトブラの着用だけでなく

昼間のブラを正しくつけることも

豊胸の効果をえるためには重要なことです。

 

どうすればいいのかというと

 

 

1)自分の正確なバストサイズを知る

2)カラダにフィットしたブラを見つける

3)贅肉を集めてバストと一緒にキープする

 

 

の3点がポイントになります。

 

ブラがカラダにフィットしていないと

ブラがズレやすくなる原因となり

豊胸効果が期待できなくなりますので

とっても重要なポイントになります。

 

昼間のブラは一番着けている時間が長いので

自分のカラダにフィットするものが見つかるまで

諦めずに探してみてください。

 

また、バストアップのために気をつけていただきたい

昼間のブラについて別記事でまとめていますので

ぜひこちらも参考にしてみてください^o^

 

 → バストアップのための正しい昼間のブラ習慣

ナイトブラの豊胸効果|まとめ

e204

 

ナイトブラで豊胸の効果を出すためには。。

 

ポイント1)余っている贅肉があるコト!

 

ポイント2)昼間のブラを正しくつけるコト!

 

ナイトブラを着用するだけでなく

上記の2つのポイントもバストを大きくするためには

大切なポイントとなります。

 

痩せ型で贅肉がほとんどない。。

という方にとっては残念ですが

この方法で豊胸効果を期待するのは難しそうです。。

 

贅肉がほとんどないという方で

バストアップしたい!という場合は

ツボ押しやマッサージがおすすめですので

ぜひ試してみてください^^

 

 → バストアップに効果的なツボ押しはコチラ!

 → バストアップに効果的なマッサージ方法はコチラ!

 

 

タグ :  

ナイトブラQ&A・悩み相談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る