ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

世界おもしろブラジャー紀行|韓国で本当にあったエアブラジャーとは?

読了までの目安時間:約 10分
z102

 

 

 

 

当サイトはナイトブラについて専門に

取り扱っているナイトブラのことならなんでも

わかるホームページです。

 

 

そんな当サイトが今回、ナイトブラの話から

脱線して紹介したいのが

 

韓国で話題になったエアブラジャーです

エアブラジャー?!なにそれ?

エアブラジャーと聞いてあなたはどんなものを

想像しますか?

 

『空気のように軽くてつけ心地の良いブラジャーかな?』

 

と思われませんでしたか。

(ワタシは最初そう思いました)

 

でも、残念ながらはずれです。

 

エアブラジャーとは実はブラジャーではありません。

韓国の民族衣装に関わる興味深い話なんです。

 

まずはエアブラジャーの実物が映った

画像を見てみてください。

実際にエアブラジャーを着けている女性の画像

z97 z99

画像引用元:https://fromfukuoka.wordpress.com/2013/08/30/breast-exposing-hanbok-or-breast-exposing-ejogori-2/

 

『あれ?。。。。ない。。。!?』

 

とあなたは思ったかもしれません。

 

そうなんです、エアブラジャーとは、

ブラジャーのことじゃなくてブラジャーがない、

韓国の民族衣装、チマチョゴリの事だったんです!

 

この画像は朝鮮戦争の起こった1950−53年頃に

撮影された写真だそうです。

 

朝鮮戦争というと、なじみがない方もいると思うので、

WIKIPEDIAの説明を少し引用しておきます。

 

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう、1950年6月25日 - 1953年7月27日休戦)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境線と化していた38度線を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争[2][3]

分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国と1949年10月1日に建国された成立間もない中華人民共和国が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化した後に荒廃させた。1953年7月27日に中朝連合軍と国連軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。

現在も南北朝鮮の両国間、及び朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、休戦直後の1953年10月1日に調印された米韓相互防衛条約に基づいて大韓民国は北朝鮮を想定した米韓合同軍事演習を度々行い、他方朝鮮民主主義人民共和国も大韓民国への領空・領海侵犯を契機に武力衝突を勃発させている。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89

今の韓国人もエアブラジャータイプのチマチョゴリを着ているの?

答えはNO.です。

 

もともと韓国のバラエティ番組、「非首脳会談」で

取り上げられた事から話題になったエアブラジャー。

 

韓国本国がバラエティ番組で取り上げるほどですから、

今の韓国の方はこのような民族衣装を着ていません。

 

『外国の人がこれを知ったらどう思うんだろう。。。』

 

という声もあったそうなので、このことは間違いないでしょう。

なぜこのようなチマチョゴリ(民族衣装)が必要だったの?

これって気になるところですよね。

 

なので当サイトが調べてみたところ、

もともと子供を産んだ女性がバストが丸見えタイプの

チマチョゴリを着る習慣があったようです。

 

ということは、

 

授乳しやすいように

 

という可能性が高そうですね。

 

と言ってもまだ当サイトの推測にすぎません。

 

なのでこの推測を裏付ける話や情報がないか、

調べてみたところ諸説はあるようですが、ありました。

 

朝鮮王朝時代の女性の生活について書かれた記事によると;

 

 

女性の役割として子供を産むということが重要視された時代、

一般庶民と下級クラスの女性に限って出産後からバストを出したスタイルの

服を着る習慣があったのだとのことです。

 

いつどんな形でこの風習が根付いたかは不明だそうですが、

子供にお乳をあげるために女性は公の場でも誇りを持って

エアブラジャースタイルの服装で授乳をしていたのだとか。

 

そしてエアブラジャースタイルの服装をしているということは、

女性が女性の役目をきちんと果たしている証拠として

受け入れられていたそうです。

 

 

どうですか?信じられないですか?

 

でもこれ、International Journal of Korean Historyという本に

実際に掲載されていた記事の話なんですよ。

 

ただし、あくまで諸説のうちの1つであるようで、

2008年に韓国人女性についての研究機関(Korea Women Studies Institute)の

チュンボーキュン氏がFeminism誌で

 

エアブラジャー式のチマチョゴリが存在した理由が授乳に

関わっているというのは、初期の西洋派遣団が思いついたものだ。

 

というような意見も発しています。 

 

結局、本当のところは誰にもわからない。。

 

といったところでしょうか?

 

 

<この項目の内容について>

 

この項目の内容は私が以下の英語で書かれた

ページを参考にして翻訳・要約しました。

 

 

原文掲載ページ:http://zenkatsuo.livejournal.com/203368.html

 

 

翻訳の下手さはあれど、内容は間違えていないはずです。

原文を読んでみたい方は上のURLを参考にしてみてくださいね♫

 

チマチョゴリの歴史

かわいいチマチョゴリ(0:20〜)

 

 

チマチョゴリは16世紀中盤〜17世紀中盤までは、長いものが

主体だったそうで肩から78cmもあるコートに近い形だったそうです。

 

でも17世紀中盤からどんどん短くなっていき、

19世紀にはたった20cmになってしまったんだとか。

 

そしてこの時点ですでにバストを隠さないスタイルの

エアブラジャー型チマチョゴリが存在していたそうです。

もう少し画像を見てましょう

ちょっとエアブラジャーチマチョゴリに

興味が湧いてきましたか?

 

それならもう少しエアブラジャーのチマチョゴリを

見てみてください。

 

Z100 z101

 

 

Youtubeのエアブラジャー説明動画もどうぞ♫

エアブラジャーチマチョゴリについての動画 

 

韓国は隣人。友人だと思います。

ナイトブラを専門に扱う当サイトが今回は

世界の面白い(興味深い)ブラジャー

紹介しようということでこの記事を作成しました。

 

でも一回目はブラジャーという名のつく風習の

お話となってしまいました(泣)

 

でも「ま、いっか」と思っています(笑)

 

勘違いしないでいただきたいのは、この記事は

韓国という隣国・友人をバカにするために

作成したものではないということです。

 

韓国人にお友達もいますが人として尊敬できる人たちです。

(そして私の友達はなぜかみんなお酒が強いっ!!)

 

この記事は反韓感情をあおったり、

バカにするために作成したものでは決してないことを

ご理解いただけたら幸いです。

 

韓国でも諸説あるエアブラジャー、本当にあったのか?と

言われると当サイトは絶対にあったとは言えません。

 

でも、アフリカでお乳を出して生活している

民族の方が毎日の生活を立派に生きているんだから、

あっても別に何にも悪くないと思います。

 

あなたはどんな風にこの記事を読んでいて感じましたか?

 

あなたにはあなたの感じ方があっても良いと思います。

 

当サイトがお伝えしたいのは

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

という気持ちです。

 

ありがとうございます^^

 

これからもナイトブラやブラジャーについて

役立つ記事を書いていきますので、

お気に入りにいれて応援していただけたら

感謝です。

 

 

タグ : 

世界のおもしろブラジャー紀行   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る