ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

バストアップのためのブラ講座③|ナイトブラで贅肉をバストに!

読了までの目安時間:約 9分
e97

 

こちらの講座は、

バストアップのためのブラについて

詳しくご紹介しています。

 

今回の講義は第3回目です。

ナイトブラで贅肉をバストに寄せる方法

について詳しくご紹介したいと思います。 

ナイトブラでバストアップを成功させるために必要なこと

前回の講義では、ナイトブラをつけることがいかに大切なことか

ということを分かっていただけたかと思います。

 

ナイトブラの重要性をおさらいしますと。。

 

1)バストの脂肪が流れないようにする!

 

2)クーパー靭帯を守ってバストの垂れを防ぐ!

 

の二点でしたね。

 

ナイトブラをつけるだけでも充分意味があるのですが、

バストアップ効果をさらにアップさせるために、

ナイトブラのつけ方を工夫をします。

 

具体的には。。。

 

贅肉を寄せ集めてバストと一緒にナイトブラの中におさめてキープします。

 

まず贅肉とはそもそも何なのか、どういう理由でバストにできるのか、

そして、どうやって贅肉を集めるのかの順番で説明をしていきたいと思います。

 

そもそも贅肉とは?

e100

 

『贅肉』といえば、

背中やおなかなどについている

ぷにゅぷにゅしているお肉

を想像される方が多いかもしれませんね。

 

はいそうです!

それが贅肉です。

 

 

 

言葉の意味をきちんと調べてみると。。

 

   贅肉(ぜいにく)とは。。。

 

   『運動不足や栄養過剰などのため必要以上についたからだの脂肪や肉』 

    

(引用元:https://kotobank.jp/word/%E8%B4%85%E8%82%89-546063)

 

まさに贅肉は、「ムダなお肉」ということですね。。

 

この贅肉は、二の腕やおなかにつきやすく、

また、からだのゆがみがある場所にもつきやすいといわれています。

たとえば、猫背の人は背中に贅肉がつきやすくなります。

 

そして、脂肪や肉とありますが、実際はどっちが多いのか?

 

これについて調べてみると、贅肉のほとんどは脂肪なんだそうです。

脂肪の中でも中性脂肪と言われる、

人間の体を動かすためのエネルギー源となるものです。

 

中性脂肪自体は人間が生きていく上では必要な脂肪ですが、

贅肉の中性脂肪は、必要以上についてしまったものなので、

なくても問題ないですし、むしろムダなものです。

 

贅肉には、老廃物がたまりやすいともいわれているので、

できれば贅肉はいらないし、欲しくないですよね。。

 

でも、この贅肉はバストアップには欠かせない素材なのです!

決してムダなものではありません。

 

贅肉をバストにできるメカニズムとは?

上記で説明した通り、贅肉は一見ムダな脂肪ですが、

バストアップするためには、必要でありがたいものです。

 

その理由は、贅肉はバストにすることができるからです。

 

本当にそんなことができるの??

と思われたかもしれませんが、できるんです^^

 

先ほど説明したように、贅肉はほとんど脂肪でできています。

また、バストも90%は脂肪からできています。

 

脂肪という組織はカラダの中でもやわらかく、動きやすいという特徴があります。

 

この特質を活かして、脂肪である贅肉をバストの方へ動かして、

バストにしていくのです。

 

しかし、ただ動かすということだけではバストにはなりません。

 

誘導した贅肉をブラの中に集めて、その状態をキープしないといけません。

形状記憶させるようにキープさせることで、

贅肉の脂肪をバストに定着させることができます。

 

では、実際にどのようにして贅肉を動かして

ブラに持っていけばいいのかをみていきましょう^o^

 

贅肉をバストに寄せて移動させる方法

まず集める贅肉は、おなか、背中、脇の下、二の腕です。

この4つの場所の贅肉を集めてブラのカップの中におさめていきます。

 

まずはじめに、贅肉を持ってきやすいように、マッサージでほぐしていきます。

マッサージをすることで脂肪をやわらかくし、動きやすい状態にします。

 

血行がよくなっているときに行うと効果的ですので、

入浴中、またはお風呂上がりがオススメです。

 

では、具体的に方法をみていきましょう!

 

贅肉のマッサージ方法

マッサージのポイントは。。

 

バスト周りにある贅肉を胸の方向に向かってマッサージをする

 

ということです。

 

またマッサージをするときは、クリームやオイルを使うとやりやすいです。

お風呂場でする場合は、石けんやボディーソープがオススメです!

 

 

1)まずは、おなか周りから

 

あばら骨の外側から内側によせるようなイメージで手でマッサージします。

片側を両手を使って行うとやりやすいと思います。

右と左側が終わったら、次に上記で真ん中に集めた脂肪をバストの方向に向けて

手で撫で上げるような感じでマッサージします。

両手を交互に滑らせながら行いましょう。

 

2)背中から脇、バストへ向けてマッサージ

 

マッサージする背中側と逆の手をつかって、

背中から脇を通ってバストの方向に贅肉を移動させるようなイメージで

手でなでるようにマッサージします。

 

 

3)二の腕

 

二の腕の脂肪を親指の間ではんさんで、つまむようにもみほぐしてから、

二の腕の脂肪を手のひらでバストの方向へ移動させるように撫でていきます。

この時に、脇の下を通ってバストに持ってくるようにしましょう。

脇の下には老廃物がたまりやすいリンパ節がありますので、

ここを刺激することでリンパの流れをよくして老廃物が排出されやすくなります。

 

 

マッサージをするときに注意していただきたいのは、やりすぎないということです。

 

マッサージをやりすぎると、皮膚や筋肉を痛めてしまう可能性があります。

また、揉み返しがくることもありますので、注意しましょう。

 

毎日行っても大丈夫ですが、1日に1回10分を目安に行いましょう。

 

ナイトブラのつけかた 

マッサージが完了したら、いよいよナイトブラをつけていきます。

 

ナイトブラをつけるポイントは、

先ほどマッサージした脂肪をバストと一緒にカップの中に入れるということです。

 

まず、ナイトブラを装着します。

 

前かがみにならずに、まっすぐ立ったままの姿勢で贅肉を寄せ集めていきます。

 

寄せ集める順番は、

 

1)アンダーバストの下の贅肉

2)背中・脇の贅肉

 

の順でおこなうと、うまくおさめやすいと思います。

ナイトブラで贅肉をバストに寄せよう!【まとめ】

e88

 

 

ナイトブラをつかって贅肉をバストにするためには、

贅肉の脂肪を柔らかくして、バストと一緒にカップの中にキープする

ということがポイントとなります。

 

やり始めたことは本当に効果があるのか??

と不安になることもあるかもしれませんが、

このバストアップ方法は、コツコツ毎日続けることで成果が少しずつ現れてきます。

 

まずは、1週間つづけてみましょう。

 

次は2週間、3週間と増やしてやっていくうちに、

やるぞ!と気合をいれなくても

いつのまにか生活の一部となって習慣化してくると思います。

 

でも、生真面目に毎日キッチリやろうとするとストレスとなりますので、

あなたができる範囲で、続けやすいペースで行うようにしましょう。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございましたm( _ _ )m!!

次回の第4回目の講義では、

『ブラでバストを温めてバストアップ効果を高めよう!』の内容をお届けします。

ぜひ、次回もチェックしてください。

 

 ⇨ バストアップのためのブラ講座④|ブラでバストを温めてバストアップ効果を高めよう!

 

 

 

タグ :  

ナイトブラの効果 バストアップ 目的別ナイトブラ講座 バストアップのためのブラ講座   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る