ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

成長期ナイトブラ講座①|成長期でもナイトブラが重要な理由

読了までの目安時間:約 8分
e120

 

 

こちらのカテゴリーでは、

10代の成長期にあたる女子に向けて、

ナイトブラに関連する情報をお届けしたいと思います。

 

今回は第1回目の講義。

トピックスは「成長期でもナイトブラが重要な理由」です!

 

まずは正しい知識を身につけよう!

e102

 

「成長期にブラをつけて寝るとバストが大きくならない。。」

という話をあなたは聞いたことがありませんか??

 

その一方で、「ブラをつけて寝ないと形がわるくなっちゃう」

という話を耳にしたり。。

 

どっちがただしいの?!

とあなたは、いろんな情報にまどわされているかもしれませんね。

 

そして、いろんな情報に振り回された結果、

結局何が本当に正しいのかわからずに、

つけたりつけなかったり。。

気づけば大人になって、

あの時こうしてればもっとよかったな〜

などと、後から後悔するようなことになりかねません。

 

あとから後悔するなんて絶対イヤですよね。。

 

そうならないためには、

今からでも正しい知識をしっかり身につけることが大切です。

 

まずは、「寝ている間にブラをつけるとバストが大きくならない」

ということについてみていきましょう。

寝ている間にブラをつけるとバストは大きくならない??

e104

 

「寝ている間にブラをつけるとバストが大きくならない」

ということについてですが、

これは正しい反面、間違っている部分もあります。

 

確かに、寝ている間にブラをつけるとバストの成長を妨げる可能性があります。

でもそれは、日中つけているブラをつけて寝た場合です。

 

日中つけているブラがどんなブラかを思い出して欲しいのですが、

金属のワイヤー入り、または、金属よりもやわらかめの

樹脂でできたワイヤーが入ったものを使ってるのではないかと思います。

 

この日中につけるタイプのブラは、

昼間の動き、つまり立ったり座ったりの動きに対して

バストを守るという役割の上でつくられています。

 

これを寝る時につけるとどうなるのか??

 

寝ている間の姿勢は日中とはまったく違って、

カラダは横になりますし動き方も変わってきます。

 

ですので、日中のブラを寝ているときにつけるとずれやすいという現象がおこります。

 

そして、ずれるとどうなるのか。

ブラがずれることで、ワイヤーの部分でバストをつぶしてしまったり、

また、そのことでバストの血流を悪くしてしまいます。

 

バストの血流が悪くなると、

バストを大きくするための成長ホルモンや栄養素を

バストまでうまく届けることができなくなるので、

その結果、バストは大きくなりにくいということになるのです。

 

このような理由から、

寝ている間にブラをつけるとバストが大きくならないといわれています。

 

じゃあ、寝ている間はブラをつけないほうがいいんだ〜

とあなたは思ったかもしれませんね。

 

でもそれはちょっと待ってください。。

 

実は、寝ている間に「日中のブラ」はつけないほうがいいけれど、

寝ている間につける専用の「ナイトブラ」はつけたほうがいいんです。

 

特に、10代でもバストのサイズの大きめ(目安:Cカップ以上)の方は、

ナイトブラの着用をオススメします。

 

次は、このナイトブラの重要性についてお話をしたいと思います。

 

成長期でもナイトブラをつける重要性とは?

e92

 

上記の内容を読めば、

寝ている間は何もつけないで寝たほうが

バストが大きくなっていいんじゃないの??

と思われたかもしれませんが、実は、そうでもないんです。

 

日中のブラをつけて寝るのはよくないのですが、

寝るとき専用につくられたナイトブラはつけて寝たほうがいいんです。

 

それはなぜかというと、

ノーブラの状態で寝ていると、

将来バストの形が悪くなったり、垂れやすくなる可能性があるからです。

 

また、バストの成長段階でナイトブラをつけることによって、

形のいいバストへと導くことができるというメリットがあります。

 

成長期のバストは外向きのバストが多いといわれているので、

できるだけ前向きのバストに整えるためには、

日中のブラだけではなく、寝ている間もしっかり矯正してあげたほうがいいのです。

 

バストの型崩れ、垂れの原因とは?

成長期の段階では、バストの形が悪くなったり

垂れるという心配は少ないかもしれませんが、

今のうちにしっかり予防するためにも、

どうしてそうなってしまうのか?ということについて説明したいと思います。

 

そこでカギとなるのが、「脂肪」と「クーパー靭帯」です。

バストの脂肪は動きやすい

まず、成長期の段階でバストが垂れたりしにくいのは、

バストの乳腺組織が多く、脂肪が少ないからです。

 

そして、大人のバストへと成長すると、

バストの中の乳腺が減って脂肪の割合がどんどん多くなってきます。

その結果、バストはどんどんやわらかくなってきます。

 

まず、バストの型崩れや垂れの原因は、この脂肪が動くことによっておこります。

 

バストの脂肪はとてもやわらかくて、

支えがないと重力の方向に向かってどんどん流れていきます。

 

よく背中や脇の下のお肉がぷにぷにしている人をみかけませんか?

実はこのぷにぷにしたお肉はもともとバストの一部だった可能性があるんです。

 

そうはなりたくないですよね。。

 

そして、寝ている間にもバストは重力の影響を受けています。

仰向けで寝ようと、横向けで寝ようと同じです。

 

たとえば仰向けの場合は、脇と頭の方向へ

横向きの場合は、床の方向へとバストはいこうとします。

 

クーパー靭帯は美乳のかなめ

クーパー靭帯って聞きなれない名前かもしれませんが、

これはキレイなバストのためにはとっても大切な部分なのです。

 

どういう役割があるかというと、

バストの中の乳腺を皮膚と筋肉につなぎとめています。

 

ハリのある上向きのバストは、

このクーパー靭帯がしっかり支えてくれているから

といっても過言ではありません。

 

クーパー靭帯がないと、バストはだらんと垂れハリのないバストに。。

 

やっかいなのは、

クーパー靭帯はゴムのように伸び切ったり切れてしまうということ。

また、一度伸びたり切れると元の状態に戻らないんです。。

 

伸びたり切れるのは、バストが揺れたり、

バストに強い衝撃が加わったときに起こります。

 

そして、意外と思われるかもしれませんが、

寝ている間もバストは動いています。

それは寝返りをうっているときです。

 

こればかりは無意識でおこなっている動きなので、

気をつけようにも気をつけられません。

 

ですので、寝ている間もナイトブラで

クーパー靭帯をしっかり守ってあげる

ということが美乳のためには重要になってきます。

成長期にナイトブラが重要な理由【まとめ】

今は成長期で大丈夫とはいえ、

徐々にバストは大人のやわらかい脂肪の多いバストへと変化していきます。

 

きづいたら、ヤバイ!となる前に、

いまの段階からしっかり対策をすることが大事です。

 

 

今回の講義はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

次回は、『魅力のある理想のバストは?』についてお話ししたいと思います^o^

 

 

 

タグ :   

目的別ナイトブラ講座 成長期のナイトブラ講座   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る