ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラで夏の夜を涼しく過ごす方法とは?

読了までの目安時間:約 9分
e248

ナイトブラは夏は暑くて着てらんない。。

e248

 

日本の夏の夜は

むしむしベタベタ。。

想像しただけでイヤになってきますよね。。

 

『もうクーラーなくちゃ無理!』という日もあります。

特に都会は、たまんないですよね^^;

 

そんな寝苦しい日本の夏の夜に

ナイトブラをつけることを想像したら。。。

考えただけで、暑くなってきて汗が出てきて

イヤになってしまいます。

 

ナイトブラはバストを守るために

それなりのピタッと感があるので

これがどうしてもネックになりますよね^^; 

 

夏にナイトブラをつけると考えたら

こんな風にネガティブに思っちゃうワケですが

ナイトブラは美バストを守るための必須アイテム。

 

『暑くてもできればつけたい』というのが本当のところです。。

 

では、どうすればナイトブラをつけた状態で

夏の夜を乗り切ることができるのか??

 

今回は、そのコツをご紹介したいと思います^^♫

 

まずは、夏に最適なナイトブラを選ぼう!

e151

 

まずはじめに。。

 

あなたはどんなナイトブラを使っていますか?

 

そもそもそのナイトブラが暑くさせている

原因かもしれません。

 

ナイトブラで暑い日本の夏を乗り切るためには

涼しいナイトブラを選ぶことが大切です。

 

では、どんなナイトブラが涼しいのか?

 

これはもう圧倒的に『天然素材』のものが圧勝ですね^^

夏のナイトブラは天然繊維のものを!

e246

 

天然素材とは、綿やシルク。

どちらも汗をちゃんと吸ってくれて

蒸れにくいという特徴があるので

汗っかきさんにはもってこいの素材なんです。

 

着けたときの肌当たりが気持ちが良くて

一回綿やシルクに慣れてしまうと

もう他の化繊はムリって思っちゃいます。

 

私はもっぱら、夏は「綿」素材の肌着にこだわってます^^

 

では、化繊のものはダメなのか??

 

もちろん、ダメってことはありません^^

 

化繊でできたものの中にも

涼感素材といって肌当たりがヒンヤリするものもあります。

 

また、サラッとした着心地なので

こういうものもアリなのかなと思います。

 

しかし、ものによるのかもしれませんが

綿よりかは多少蒸れやすいということがあります。

 

『少しでも快適に涼しく!』という方は

綿やシルクなどの素材でできたものを

選ぶことをおすすめします

暑いのはナイトブラだけのセイではなかった?!

e74 

 

涼しくて快適なナイトブラを手に入れたら

今度は、夏の夜の寝方を見なおしてみましょう。

 

もしかしたら、原因はナイトブラばかりでなく

寝方によって必要以上に自分を暑さに追い込んでいる

という可能性があります。 

 

こんな寝方があなたを暑くさせる!

 

1)ナイトブラだけで寝ている

2)ゴム製の低反発の枕を使っている

3)シーツやかけ布団の素材が暑い

 

ナイトブラだけで寝ている

 

e222

 

あなたは、暑いからといって

上半身はナイトブラ一枚で寝ていませんか?

 

確かにナイトブラ一枚で寝たほうが

ムレなさそうだし涼しそう。。

その気持はよ〜くわかります^^

 

しかし!!

 

その寝方が、あなたを余計に暑くさせている可能性があります。

 

それはどういうことかというと

あなたが寝ている間にかいた汗がどこにいくのか

がポイントになってきます。

 

ナイトブラ以外の肌の部分は何にも覆われていないので

汗はシーツから布団へとしみこんでいきます。

 

するとどうなるか?

 

実は、布団の綿には

『空気の水分を吸って熱を発生させる』

という特徴があるので

布団が汗を吸うと熱を出して

その上に寝ているあなたは暑く感じる、ということなんです。

 

これを防ぐためには

ナイトブラを着けた上に肌全体を覆う

ぱじゃまなどを着て布団が汗を吸わないようにする

ということが必要になってきます。

 

『パジャマは暑くてムリ・・・』

と感じるかもしれませんが

寝るとき専用につくられた、ちゃんとしたパジャマ

(Tシャツや短パンではないもの)を着れば

結構快適なんですよ^^

 

シルクやコットンのパジャマがおすすめです♫

 

ゴム製の低反発の枕を使っている

 

e250

 

あなたは寝るときにどんな枕を使っていますか?

もしかしたら枕は使っていない。。

という方もおられるかもしれませんね^^;

 

もし、枕にゴム製でできた低反発のものを使っているという方は

それが原因で暑い。。

と感じやすくなっている可能性があります。

 

ゴム製のものは通気性があまりよくないので

中で熱がこもりやすくそのせいで暑いと感じることがあります。

 

もし、もっと涼しい枕に変えたいという場合は

そばがらの枕や竹製の枕

中がメッシュ状になっている風通しの良い枕がおすすめです。

 

しかし、低反発のものじゃないと寝れない。。

という方もおられるかもしれませんので

その場合は、寝やすいことの方が大切ですので

無理して変える必要はありません^^

 

シーツやかけ布団の素材が暑い

 

e15

 

そして、3つ目はシーツやかけ布団の素材。

 

実は結構これを変えるだけで

劇的に涼しく過ごせるという可能性があります。

 

オーソドックスな綿のシーツの上で寝るということでも

快適と感じる方がおられるかもしれませんが

今は、接触冷感などの機能素材がありますので

そういう素材を使っているものを使った方が断然涼しいです。

 

接触冷感とは、触れるとひんやり感じる素材。

シーツというよりかは、シーツの上に敷くベッドパッドのようなものです。

 

また、麻(リネン)でできたシーツもおすすめです。

天然素材にこだわりたいという方はピッタリです^^

 

次に掛け布団ですが、

夏はタオルケットを使っている方が多いかもしれませんが

タオルケットは寝返りをうったときに肌に密着しやすく

暑く感じやすいんですね^^;

 

ちょっと意外に思われるかもしれませんが

実は、羽毛の掛け布団を使うのが一番いいんです。

 

「夏に羽毛布団?!」と思われるかもしれませんが

吸湿性・放湿性が高いので体感温度は高くなりにくく

軽いのでカラダにまとわりつくということがありません。

 

夏用の羽毛布団が売っていますので

ぜひ一度試してみてください^^

ナイトブラをつけて夏の夜を涼しく!

e249 

 

『ナイトブラは暑くてどうしてもムリ。。』

と感じているあなたでも

上記のことを見なおしていただければ

ちょっとでも快適にナイトブラをつけて

寝ることができるのではないかと思います。

 

どれだけ暑くても、バストは美しく保つために

ナイトブラはできればつけたいですもんね♫

 

また、上記以外にも

 

・寝る前にぬるめのお湯につかる

・首とヒザの裏に保冷剤を敷いてねる

 

などの方法もカラダを冷やす方法として効果的です。

 

まずは、ナイトブラの素材と寝方や寝具を

見なおすことからはじめてみてください^o^♫

 

今回の内容はここまでです。

最後までご拝読ありがとうございました!

 

涼しいナイトブラをさがしているけれど

どれがいいかわからない、迷っているという方は

別ページで夏にオススメのナイトブラを紹介していますので

ぜひコチラもチェックしてみてください^^

 

 →夏でも寝やすいおすすめのナイトブラはコチラ!

 

 

タグ :  

選び方 シーズン夏・冬   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る