ナイトブラ

ナイトブラ.net|ナイトブラに特化した総合情報サイト

ナイトブラのことならなんでもわかっちゃう、ナイトブラに特化した総合情報サイト

ガリ体型でもバストは垂れる!ナイトブラの必要性とは?

読了までの目安時間:約 7分
e215

ガリ体型でもバストが垂れるって本当?!

e215

 

あなたはガリ体型だからと

ナイトブラをしても意味がないと思っていませんか?

 

ガリ体型でもバストだけが大きいという人もいるけれど

それはごく一部の人だけで

多くの方はバストが小さめという現実。。

 

バストが小さかったらバストは垂れようがないし

バストが大きくなる気配もない。

 

『ナイトブラなんてしてもムダムダ〜』

 

こんな感じで、ナイトブラはバストが大きい人のためのもの

と思っているかもしれませんね^^;

 

しかし、ここであなたに一つ知っておいて欲しいのは。。

 

バストが大きかろうと小さかろうと、バストは垂れるという事実です。

 

「えっ?!まさか〜。。」

 

とあなたは思われたかもしれませんが

バストが小さくても重力があるかぎりは

垂れちゃうんですよ^^;

 

バストが大きい人と比べれば

見た目に分かる垂れ具合は違うと思いますが

「ちりも積もれば山となる」ということばのように

何も対策をしていないと

日々の積み重ねでバストは除々に垂れていきます。

 

しかし!

 

バストの垂れは未然に防ぐことができ

食い止めることが可能です。

 

そのためには

よい姿勢を保つ、昼間のブラを正しくつけることなどが重要なのですが

寝ている間のバストケアも重要なんです。

 

寝ている間もバストの垂れの原因をつくっている可能性があるんです。

 

そして、それを防ぐために

夜のバストケアとして「ナイトブラ」をつかうのです。

ナイトブラでバストの垂れを防げる理由

e218 

 

『でも、ナイトブラでどうしてバストの垂れが防げるの?』

という疑問を持たれたかもしれませんね。

 

寝ている間は、カラダが横になっていて

バストは下の方向(足の方向)に垂れないので

一見バストは垂れそうにありません。

 

では、どうして寝ている間にバストの垂れを防ぐことができるのか

ということを見ていきましょう。

寝ている間のバストの垂れの原因とは?

寝ている間のバストの垂れの原因の

キーワードとなるのが「クーパー靭帯」です。

 

「なにそれ??」と思われたかもしれませんが

クーパー靭帯はバストの垂れと密接に関係しているんです。

 

 

クーパー靭帯とは。。。

 

母乳を作り出す「乳腺」を皮膚と筋肉につなぎとめているものです。

 

 

立っている姿勢でも寝ている間の姿勢でも

クーパー靭帯は乳腺が落ちないようにひっぱりあげてくれています。

 

そして、結果的に乳腺のまわりにある脂肪も

支えている、引っ張りあげています。

 

バストの9割が脂肪、1割が乳腺なので

クーパー靭帯には大きな負荷がかかっています。

 

e57

 

 

そして問題なのは、クーパー靭帯は働いているうちに

しだいにゴムのようにのびていくということです。

 

また、バストを激しく揺らすことで

クーパー靭帯が衝撃に耐えられずに

切れてしまうということもあります。

 

するとどうなるか。。

 

もうお分かりかもしれませんね^^;

 

乳腺+脂肪の重みの分、バストは垂れたように見えます。

 

そして残念ながら

 

一度のびたり、切れたクーパー靭帯は元の状態に戻すことはできない

 

のです。

 

そうならないために

バストの重みを何かで支えて

クーパー靭帯にかかる負担を減らす

ということがバストの垂れを防ぐためには大切なのです。

 

ナイトブラを使って

寝ている間のバストを正しい位置にキープすることで

クーパー靭帯の負担を減らしてあげるのです。

 

では、ナイトブラの重要性が分かっていただいたところで

あなたのバストが今垂れているかどうか

ということをチェックしてみましょう!

バストの垂れをチェックする方法

e108

 

バストが小さくてもバストは垂れるという事実。

 

日々垂れているという実感は湧きにくいかもしれませんが

それは確実に起こっています。

 

と言われても、ピンと来ないかもしれませんね^^;

 

そこで、あなたのバストが垂れているのかどうか

というチェックをしてみましょう!

 

チェック方法はとてもカンタン。

 

準備するもの:メジャーかものさし

 

チェック方法:

 

1)上半身がうつる大きな鏡の前に立ちます。

 

2)下記の3点を直線で結んだときの長さを、メジャーではかります。

    • 左右の鎖骨の中心〜右の乳首
    • 左右の鎖骨の中心〜左の乳首
    • 右の乳首〜左の乳首

 

3)上記の3つの長さが。。。

同じであれば(三辺をつなげると正三角形になる)

あなたのバストは垂れていません。

 

鎖骨から乳首までの長さが左右の乳首間よりも長ければ

(三辺をつなげると正三角形にならない)

あなたのバストは垂れている可能性が高いです。

e235

 

結果はどうでしたか?

 

ちゃんと正三角形になった!

という方、おめでとうございます^^

 

そして、ちょっと垂れ気味だった。。

という方は残念でした。。

でも、これは老化現象でもありますので

加齢とともにバストは垂れやすくなるのは

仕方がないことです。

 

「今から対策しても遅いかも。。」

と諦めの気持ちがでたかもしれませんが

諦めるのはまだ早いですよ!

 

バストがすでに垂れ気味の方でも

バストケアを日夜問わずに行うことで

垂れの進行を食い止めることはできますので

諦めずにがんばっていきましょう♫

 

 

タグ :   

選び方 体型(痩せ型・肥満型)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る